レストランケータリングの注意点

レストランの味を楽しめる、でも…
でも、レストランケータリングには、料理のジャンルが狭かったり、種類が少なかったりと、ちょっと残念な傾向もあります。

中には、洋食の調理人がケータリング用に和食を作っているお店もあり、
味がイマイチ…なんてことも。
お店を選ぶ際は、そのレストランの料理ジャンルや評判をチェックすることをおすすめします。

料金と衛生面に落とし穴?
ケータリングに必要なグラスやお皿など、備品の保有数が少ないレストランも多いようです。
そのため、レンタルの備品代が高めになってしまうことも…。

備品代は、料理代と別に請求されるケースと、あらかじめ料理代に含まれているケースがあります。
料理代に含まれている場合、その分、料理のボリュームが少なかったりするので気をつけましょう。

●メリット
レストランの味がケータリングで楽しめる
レストラン自慢のメニューは本格的でおいしい

●デメリット
料理のジャンル、メニューが少ない
備品代が比較的高め
保冷車両を持っていないなど、衛生面で不安なお店もあり

レストランケータリングで知っておきたいのが、保冷車両を持っていないお店が多いこと。
これは小さなケータリング店によくあるケースですが、衛生面をクリアしていないお店の利用は、あまりおすすめできません。
特に料理の痛みが早い、夏場の利用の際には注意してくださいね。

 

東京の仕出し弁当ランキングはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京仕出し弁当人気ランキングカテゴリー

Go back to top