今さら聞けない「幕の内弁当ってなに?」

超IMASARAですよね。
仕出し弁当によく幕の内ってメニューがあるし、
「幕の内弁当ってなあに??」って小さな子供に聞かれたら
実はあんまり分からんかもと思って調べてみた。

どうやら幕の内弁当は、江戸時代の芝居見物から出た言葉だそうですよ。
芝居で舞台の幕が下り、次の場面で幕が上がるまでのことを「幕の内」や「幕間(まくあい)」と言って、
その時に食べる弁当を幕の内弁当って言ってたんだって。
あと他の説では芝居をする側が食べるものとして、幕の内側で食べるから「幕の内」という起源もあるみたいです。

ふーん。
でもじゃあ幕の内弁当の基準はなんですかっていうとなんなんでしょう?
↓↓↓
基本的には焼き魚や煮物など、いわゆる「和食」のものが多いですね。
基準としてはやはりご飯と和のおかずが載っているものが基準ではないかと。

ふーん。でもつまりは休憩時間に食べるものが幕の内弁当ってことなんだから、休憩時間に
サンドウィッチ食べててもある意味それも幕の内弁当なんじゃないの?
なんか結局よく分んない。
誰か教えて。

東京のお弁当なら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東京仕出し弁当人気ランキングカテゴリー

Go back to top